そもそも飲む日焼け止めって何なの?

私たちは紫外線対策の日焼け止めと言えば、日焼け止めクリームというイメージですよね。

 

日焼け止めクリームを、せっせと繰り返し塗るということをしてきました。

 

種類もスプレータイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなどが豊富にあります。
毎年少しずつ改良されたものが出回り、塗り心地がサラッとしてるとか、べとつかないとか、pH(ペーハー)値が高いとか低いなどなど。
そういった謳い文句のCMが、日差しが強くなってくる春先頃から、よくTVに流れていますよね。

 

CMや雑誌などを見て、
「今年はアレを試してみよう。」
「好きな女優さんが出ているCMと同じものを使ってみよう。」
「売れ筋ナンバーワンのものにしよう。」
とか思いながら、毎年購入して使ってきました。

 

けれども、最近はそういった“塗る”日焼け止めから“飲む”日焼け止めに、大きく変化してきているのをご存知でしょうか。

 

もうその予兆はあらわれていて、敏感な人はすでに使い始めているんです。

 

特に話題となっているのが、飲む日焼け止めサプリ「ポルク(P.O.L.C)」です。

 

では、その“飲む日焼け止め”とはいったいどういうものなのでしょうか?

 

「飲む日焼け止め」を初めて聞いたという方、知っているけれどまだよくわからないという方という人も多いですよね。

 

そのために、

  • そもそも飲む日焼け止めとはどういうものなのか
  • どのように飲んだらいいのかなど

知っておきたいポイントをしっかり押さえていきましょう。

 

実はこの飲む日焼け止めは、海外、特に欧米諸国ではすでに主流となっているのです。

 

なぜなら、紫外線に弱いとされる欧米人向けに考えられ、開発されたものだからです。

 

「じゃあ、日本人には合わないのかしら?」
と思われそうですが、大丈夫です!

 

日本人に合わせて作られた、安心の日本国内産にこだわって作られたのが、ポルク(P.O.L.C)なんです。

 

では、使用されている成分は何か気になりますよね。

 

主原料はシトラス成分つまりグレープフルーツと、ハーブ成分ローズマリーから出来ています。

 

これらは普段食べたり料理に使っているもの、つまり安全な成分で出来ているから、子どもから大人まで使用することが出来ます。

 

その他には、女性にとって嬉しいザクロエキスやルテイン、クロセチンなど美容と健康に役立つ成分が配合されているので、ただ日焼けするのを防ぐばかりでなく、肌のハリや潤いを与えてくれる一石二鳥の働きをしてくれるのです。

 

“塗る”から“飲む”へ。

 

もうこれは日焼け止めの「革命」と言っても過言ではないでしょう。

 

これからの日焼け止めは、塗り忘れや何度も塗りなおすという手間もいりません。
朝2粒飲むだけの日焼け止めポルク(P.O.L.C)に、あなたも早く変えてみませんか?

 

>>ポルク(P.O.L.C.)の公式サイトはこちら